なぜ速読ができるのか?

今回は速読の話をしたいと思います。

 

早速ですが、例題です。

 

例題

キノコ体は多くの昆虫で嗅覚情報処理を担っているが、ミツバチなどでは視覚系の神経経路も入射することが知られている。中大脳は触角の嗅覚受容細胞で受容した嗅覚情報を一次的に処理する触角葉と、触角からの機械感覚を処理する領域を含む。後大脳は食道下神経節を含む領域であり、一部の昆虫では味覚情報が入射することなどが知られている。中大脳と後大脳の間には食道孔が存在し、食道が両者の間を貫いている。昆虫の中枢神経系には、脳のほか胸腹部神経節と両者を繋ぐ神経束が含まれる。

 参考:脳 - Wikipedia

 

速読マスターの方は、10秒もかからず読めたのではないでしょうか?

一般的の人は、わからないから読み飛ばした人が殆どでしょう。

 

 

速読の効果

実際速読の効果があるのかが気になる点ですが、斜め読みは効果があります。ただ読書において、目の動きは10%未満の要素でしかありません。結局は、内容を理解して意味のある文章をつなげる事が大事です。

 

まぁいくら目の動きを鍛えたからといって、読書において目の動きはさほど重要じゃねーよってことになります。個人的にここで疑問が生まれてきたのですが、メンタリストDaiGoさん、小飼弾さんなど、数十冊以上の本を毎日読書されています。研究結果からいくと、嘘だと思うのがセオリーなわけです。

 

学習の転移

さてなぜ速読ができるのか?どうすれば速読ができるようになるのか?

 

その鍵となるものは知識です。

 

これは紹介した記事にも記載されていますが、筆者が伝えたかった内容も同じです。読書の量がかなり増えてきたのですが、似たようなジャンルの本を読むと、3~4冊目あたりから身に覚えのある内容が出てきます。6~7冊目には専門用語も調べずにスラスラ理解できます。知識の蓄積が多いほど、速読できます。

 

これを「学習の転移」といいます。

前の学習が後の学習に影響する事実の総称を指します。

例) サッカーを習っていた人 → フットサルを始める

    囲碁を習っていた人 → フットサルを始める

 

球を蹴る技術やトラップの感覚などを覚えている事が蓄積になります。もちろん囲碁をしている人よりは、サッカーをやっている人は理解力や、技術力の上達が早くなります。

 

速読に置き換えると、好きな分野はすでに知識の蓄積があるので理解力も早まります。知識があると単語の意味もわかります。そうすると、斜め読みをした時に詰まる事がなくスラスラ読んでいけます。これが速読の秘訣です。

 

 

本を読めば読むほど知らない世界の奥深くに行けます。

 

本を読む習慣を身に付け、知識を蓄える。

そして本や情報を読むスピードをあげましょう。

 

 

 

 

 

 

参考文献

速読は実は不可能だと科学が実証

https://www.lifehacker.jp/2016/02/160219speed_reading.html

 

 

 

 

 

知識の共有化

お久しぶりです。

雑記ブログに変化しますがご了承ください。(習慣化するため)

 

「広がって価値がなくなる知識は知識じゃないから。知識は全人類に共有された時に最も価値が高くなる」

 

 メンタリストDaiGoさんの会員になって2年以上経ちますが、入会して1番よかったんじゃないかと言えるぐらいの「言葉」に触れました。まぁおかげで更新する気になったんですけどね。改めて説明しておくと、会員だからといって「全てが好き」とかそういったことは全くありません。小飼弾さんの本に書いているように、本は疑って読むべきとあります。それは、サロンやニコ生も同じように言えることだと思います。同じような心構えで会員になっているつもりです。

 

 ちなみに情報商材などをdisった話で、情報を広めると価値が薄まることを危惧しています。ブログ業界も、実は似たようなものだと思っています。このブログでも少しずつ知識を吐き出して、共有化できればなと思います。

改めまして


お久しぶりです。飛車よりの角と申します。

落ち着いたので報告すると就職活動が終わりました。 プロ野球で例えると育成枠として働きます。
現在24歳なのですが、実力は小学生だ(ニュアンス的に)と言われ、相当の努力が必要だと言われました。 なのでここは作業をする上でぶち当たる箇所や気づきを提供できる場所にしたいと思います。

これまでは論理的な思考がデザイン業界で通じると考えていました。またそれを中心として記事を書こうと思っていましたが、実際にはそうではなさそうです。 論理的に考える人や感覚で捉える人、自分の判断基準を持っている人など様々です。 ただの作業メモになるかもしれませんが、その時は読者解除をするなどそっと閉じてください。 同じくらいのレベルの人や同じ悩みを持った人に役に立たれば幸甚です

ブログの使い方 

マテリアルチックですが全く違います。デザインについては感覚で仕上げています。 ウェブフォントの日本語フォントを導入しているので、かなり重たいかもしれません。

  • 「TOPに戻る」 - 右端にバーとして縦長にあります。どこからでも戻れるようにしました。残念ながら現在修正中です。下まで伸びるページと伸びないページが存在します。
  • 「SNSシェアボタン」- 現在何も触れていません。今後実装予定です。
  • 「読者ボタン」- ページの下層部分にあります。
  • 「Twitterフォローボタン」- ページの下層部分にあります。
  • 「一覧になるボタン」- 記事内の下層部分にあります。

※スマホ対応していますが不具合があればお知らせください。  


募金について

広告は停止させています。正直に言うと金額を意識する時が少なからず増えてしまい、デザインのブログといった本来の趣旨を忘れそうになりました。現在は約500円しかないので引き落とせる金額もありません。応援や賛同してくれた方に、広告収入をお伝えすると言っていたのでお知らせしておきます。結果として自分が安定してこそ他の何が救えるのではないかといった結論に至り、これからはできる限り本業を頑張りたいと思っています。


能力は低い

私は残念ながら頭が良くありません。国語は1番苦手で常に40点代でした。なのにも関わらずブログを始めました。 デザインもマネしたり、深い概念まで知っているわけではありません。このブログのコードもハリボテ感がすごいです。 ただこれからは個人がやろうと思えば何でもできる時代だと思っています。ブログは知識を定着できる場所であり、他の人にも役立つものでもあると思います。これから継続するにあたり「誤字」や、このコードはおかしいよ!などの「注意」をしていただけると助かります。


今後

来年の頭から働くために、現在課題を振られている状態です。そのためブログの更新は頻繁にできるとは思いませんが、できる限りアウトプットしていきたいと思います。おそらく通勤時間などの間でスマホベースで記事を執筆することになります。色付けや見出しなどブログの実装も少しづつ増やしていく予定です。Twitterでは自由に発言しているのでミュートしてください。


たにやんさんへのお礼

nani-suru.com

何といってもこの人へのお礼を私は忘れていません。経緯としてはAmazonギフト券3000円分と欲しいものリストから誕生日プレゼントをもらいました。 お礼はいろいろと考えていたのですが、結局お金も人望もあるなら、年下があげれるものは少ないと思います。 なので本日限り、この先はデザインの話ではありません。 大阪在住の私が美味しいところをピックアップします。 ぜひ大阪に来た時や、近畿圏内の人はご覧になってください。


大阪3大おでん

実は大阪には大阪3大おでんと言われている場所があります。 今のような冬の寒い季節に、熱燗としゅんでいる(大阪弁)大根を食べるのがオススメです。 「きくや」と「花くじら」には行きました。個人的には「花くじら」が美味しかったです。

☆ネギマが美味しいです。 tabelog.com

☆牛すじとねぎ袋が美味しいです。 tabelog.com

☆未知数です。笑 tabelog.com


大阪の焼肉は鶴橋

実は万両いう店が1位らしいのですが、行ったことがないので割愛。 鶴橋にある安くて美味しい、これぞ大阪の焼肉屋さんを紹介します。 「空」です。結構並んでいますが、本店以外にもあるので回転数が早く意外にあっさり食べれます。

☆牛タンが分厚くてビールとの相性は抜群。味付けは塩がオススメです。 tabelog.com


ラーメンでも塩ラーメン

結局周りでも美味いとよく言われるのが、「塩元帥」です。 これは大阪だけでなく他の都道府県にもあるみたいなので、ぜひ近ければ行ってみて欲しいと思います。

味噌もあったと思うのですが、結局塩ラーメンを食べてしまうほどのやみつき感があります。

tabelog.com


本当にありがとうございました。

実はモニター買いました。あのギフト券は全部本に消えましたが。 東京は盛り上がってそうと感じています。たにやんさんが誕生日の時は筋トレ器具か何かをプレゼントしたいと思います。。。 結局お礼はこんな形になります。お礼なのかはわかりませんが、とりあえずお礼をしなければとこの数ヶ月間忘れたことはないです。 たにやんさんは、行動すれば能力が身につくことを肌で感じさせる人物だと思っています。個人的にはいい刺激というか、改めて行動を考えさせてくれる人です。また何かあればよろしくお願いいたします。(かたいなぁ)


最後に

これからブログは少しずつ更新していきます。よろしくお願いいたします。